お墓を選ぶ点の注意点

お墓を選ぶ際に気をつけること、あなたはご存じですか? - お墓とは何かをちょっと考えて見よう

お墓とは何かをちょっと考えて見よう

人には寿命があり、必ずいつかはその時が来ます。自分及び、家族の死と死後に際しては、誰もがあまり意識しないようになりました。なんとなくですが、それでも不安というものがあります。その不安とは、お葬式とお墓の問題だと思います。
お墓ときいて、今ではかつてほどに人生の終着場所としての重要性があまり意識されなくなりました。埋葬を必要とせずという人も増えてきましたが、それでも多くの人にとっては、必ず必要なものの一つです。そこで、お墓に関して、少し勉強してみたいと思います。
お墓と言った場合、墓それ自体と墓地があります。お墓の施設のことを「墳墓」、遺体や遺骨を埋める区域のことを「墓地」と言います。「霊園」は法律的な定義はありません。
埋葬場所には大きく二種類あります。墓地と納骨堂です。墓地は遺骨を地中に埋蔵し、納骨堂は屋内に収蔵をするという違いがあります。墓地は永代供養墓といって「永代使用権」を管理者と結びます。
納骨堂は、基本的には一時的に預かるところですが、東京などの土地が不足している地域では、「遺骨の預託契約」を結んで、永代納骨を希望する人も少なくありません。
墓地にも壁型、芝生型、公園墓地という形態があります。それらが寺院墓地、公営墓地、公営墓地に分類されます。こうしたお墓と埋葬以外に、特に寺院墓地では、法要でお坊様にお経をあげてもらわなければなりません。開眼、納骨、年忌法要と三つがあります。fghyjgh
良いお墓の条件とは?一体なんでしょう。墓地と納骨堂、墓地形態と分類、法要。これらが「お墓」を考える際の基本です。これに、お墓を立てる際の許可や墓地、墓石選び、費用が加わってきます。
また、これら最初からお墓を立てる以外に分骨や、お墓を立てない散骨もあります。
お墓と埋葬は一生に一度です。自分や家族がこの世を去った後、心のよりどころとして、古来から大切にされてきたものですから、これらの知識を生かして、安心したお墓の購入や、埋葬をすることが、故人への供養になるはずです。
墓地にもいろいろありますが、一般的にはお寺の墓地や、多磨霊園のような形態を思い浮かべます。一口にお墓とは言っても、墓地にはいくつかの形態と種類があります。お墓参りをする場合、その時の雰囲気や環境が良いことが、故人をとむらい、思いを寄せる際の心情に大きく影響しますね。
墓地の形態には大きく三形態があります。まず芝生墓地。これは芝生のフィールドに横長墓石という欧米型の形態です。あまり日本では見られない墓地ですね。芝生の敷地に納骨室があるような感じです。
次に公園墓地。緑地や広場のある明るい雰囲気の敷地で、遊歩道や休憩地もあり、最近人気を集めています。宗旨や宗派を問わないところが多いのも人気です。売店などもあり、休日にお孫さんとのお墓参りにはうってつけという、最もメジャーなスタイルです。
三つめは立体墓地で、これには種類があります。一つ目は壁墓地。納骨室を設置して、その上に自然性やコンクリートで長い板状の壁を設けて、その壁面が石塔の役割を果たします。ほとんどが民営墓地ですが、都営多磨霊園にもあります。
また、屋内立体墓があります。建物の中に墓地区画を設けてあるものです。最後に納骨堂があります。
こうした形態が、寺院墓地、民営墓地、公営墓地に分類されます。寺院墓地はお寺が経営する伝統的な墓地です。永代供養のためにはだん家になるための、檀信徒の契約を結びます。erfjyhj
民営墓地は公益法人や宗教法人の経営する墓地です。申し込む際に、宗旨や宗派、資格や条件に厳しいハードルは設けられておらず、お墓のデザインなども自由に選べるという利点があります。
最後に公営墓地があります。これは地方自治体が管理、運営しています。当然宗派などの制限はありませんし、料金が安い、立地が良いという長所があります。ただし、数十倍の倍率や、生前に購入できないこと、その自治体に現住所がある、継承者がいるといった条件があります。
形態と分類にも気を配って、慎重なお墓選びをしましょう。

更新情報